宝塚ファンになってよかったことベスト3

宝塚には興味があるけど、ハマってしまったら怖いな〜と思って観るのを躊躇している方もいるのではないでしょうか?

でも、安心してください。宝塚ファンになるといいこと尽くしなんです。

今回は、宝塚ファンになるとこんないいことがあるよ、という例をご紹介します。

まずは、私が宝塚ファンになってよかったことベスト3を布教チラシ風にまとめたイラストをご覧ください♪

以下、詳細を語っちゃいます。

目次

①現実を忘れて夢の世界に行ける

みなさんは日々、お仕事に家事に勉強に・・と頑張っていらっしゃるかと思います。時には疲れたり、辛いことも悲しいことあるかもしれません。宝塚は、観ているとそんな現実を一時忘れさせてくれます。

なぜなら宝塚では、美しい世界が徹底して作り込まれているから。

キラキラの舞台セット、そのステージの上に美男美女がこれまたキラキラした衣装を身にまとって出てきます。もう、タカラジェンヌがステージに出てきてくれるだけで嬉しい!(ディズニーランドでミッキーに会えた!みたいな感じです。)

演目の内容は悲劇的なものもありますが、最後に楽しくて綺麗なショーがついているので、必ずいい気持ちで帰れる仕掛けになっています!

絶対に後悔はさせませんので、ぜひ観に行ってみてくださいね!(←なんの立場?)

②教養が身につく

「趣味を始めるなら、できるだけ実用的で役に立つものがいいんだよな〜」というあなたにも、宝塚はおすすめです。

宝塚で上演されている演目は、多岐にわたります。一般的なイメージだとベルばらばかりやってる?と思われているかもしれませんが、「ロミオとジュリエット」「オペラ座の怪人」のような洋風のミュージカルから、「忠臣蔵」「源氏物語」のような和物、「ルパン三世」「花より男子」のような漫画原作の作品まで、あらゆるジャンルの公演を楽しめます。

楽しく観ているうちに、世界の歴史や偉人に関する知識がついたり、クラシックからロックまで世界中の素敵な音楽を知れたり、今まで触れたことのなかったジャンルの物語を知ったりと、自分の世界が広がりますよ。

学生さんが観ると、意外と歴史のテスト対策になったりするんじゃないかなーと思います。わかりやすくて刺激的な内容も少ないので、親子でも楽しめます。ぜひ、お子さんの情操教育にも(笑)

③明日から頑張る活力が出る

最終的にはこれが一番かな、と思います。

日常では味わえない、宝塚の美しく感動的な舞台を目にすると元気が出ます。こんなに綺麗な世界が見れるなら、生きててよかったなーとか、また観劇できるようにお仕事頑張ろう、とか思えます。

また、細い身体でパワフルに歌って踊るタカラジェンヌの姿を目にすると、なんだか心打たれて、自分も明日から頑張ろうと思えるのです。

タカラジェンヌは夢を与えるプロなので、舞台のどんなに端っこにいる人でも笑顔で全力。舞台の外でもファンサービスを欠かしません。男役はファンの夢を壊さないためプライベートでもスカートを絶対に履かない、トップスターが背負う羽根の重さは10kgとか、娘役は細い男役の隣に立つ時により女性らしく見えるようダイエットしていてウェストは50cmみたいな・・そういうストイックなエピソードを見るにつけ、リスペクトの気持ちが湧いてきます。「こんなに才色兼備な人が頑張っているのだから、私も頑張らなきゃ!」みたいな感じですかね。夢の世界からとてもいい刺激をもらって、現実世界でも頑張ろうと思えるのです。

ハマればハマるほど、自分の人生もよくなる宝塚。ぜひ安心して沼に入ってきてくださいね(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる