2ヶ月でウェブ解析士試験に合格した体験談

先日、2019年ウェブ解析士の試験を受けて、なんとか合格しました。
いえーい

これから受験したいと思っている方に向けて、体験談を書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

どんな試験?

Webの広告や解析・戦略全般についての、体系的な知識が身につく資格です。
試験はPCで受験するかたち(60問、60分)で、それに合格したら資格認定のためのGA解析レポートを提出する必要があります。
試験はだいたい70%の正解率で合格とされています。

なぜ受けたか?

私は今Webディレクターの仕事をしており、
解析やサイト改善に関する知識を得たいと思っていたのと
今仕事で行っていることを形に示すためにもいつか勉強してみたいなーと思っていました。
そんな折、会社で資格取得が推奨され、テキストや受験費用を全額負担してもらえる事になったので
よし受験しようという事になりました。

勉強方法

特に近道とかはなく、月並みな形なのですが
テキストを読む→問題集を解く→間違えた箇所を見直す
の繰り返しを行いました。

勉強時間としては、申し込みから1ヶ月目は忙しくて全く手をつけられなかったので、受験の2ヶ月前からやっと動きだして
休みの日通算7日間くらいを使って勉強しました。
本当はもっとコツコツ勉強したかったのですが私は計画性が皆無で、、、
なのでテキストは1周しか読めていません。

テキストがね、ものすごく分厚いんですよ。
そのため、ただザーッと読んでも頭に残りません。
テキストは1〜8章(7章は発展問題なので勉強しなくてOK)まであるのですが、
1章読むごとにその範囲の問題集を解いて理解度を測るというのがおすすめです。
流し読みはつまらないし読んでわかった気になるだけで記憶に定着しません。

問題集を1周解いたあとは、間違えたところをもう一度解いたり、
Web上の模擬試験を受けたりしました。
模擬試験といってもランダムで5問くらいしか出題されないのですが、
どんな問題が出題されるのか?というのがわかるので一度やってみると良いですよ。
模擬試験はこちら

あとは、本番試験に向けて計算の公式や間違えそうな語句などを1枚の紙にまとめたりしました。
※本番の試験では、テキストやメモの持ち込みが自由なんです!時間が短いのでテキストだと該当箇所をすぐに探しにくいと思い、
ポイントを1枚の紙にまとめていました。

難易度はどうだったか?

すごく難しい訳ではないけれど、全く勉強しないで受かるのはキツいなと思いました。
引っ掛け的な問題も多いですし、範囲も広いので
普段Web解析の業務に携わっている人でもNO勉強で受かる訳ではないかなと思いました。

私はWebの仕事をしているのでもともと知っている内容を前提として解くことができましたが
Webの基礎知識がない人だとさらに難しいと思います。

認定レポートについて

試験合格後、GA解析のレポートを提出しないと資格を認められません。
そして、レポートで不合格になると試験も不合格となり、また初めから試験を受け直さないといけません。
め、めんどくさい・・・
ただこれは落とすためのレポート試験ではないので、よっぽど変なことをしなければ受かるのではないかと思います。
(一緒に受験した同僚でレポートで落ちた人はいませんでした)
資格が形だけのものにならないように、学びを深めるという意味で実技試験を盛り込むようになったようですので。

解析は結構簡単で、公式サイトの説明を読みながら数値を入力し、
データを自分なりに読み解いて改善施策を書くというような試験でした。

データの数値だけは間違えないように気をつけましょう!

受験してよかったこと

私は、制作会社勤めのため、「成果を生み出すWeb制作」についての知識が弱く、広告の知識もほとんどなかったので、
それを体系的に学べたことはとても収穫でした。
これでお客さんからGA解析や広告について聞かれても知った顔で答えることができるぞ!
一言で言うと自信がつきました。

今まで知らなかった豆知識とかも色々知ることができて面白かったです。
例えば、みなさん、NAVERが「キュレーションサイトではなくもともとは韓国の検索エンジンである」こととか知ってますか?
「instagramだと、広告にハッシュタグをつけてもハッシュタグ検索に引っかかってこない」とか知ってましたか?
私はお恥ずかしながら知らなかったです。

自分の書いた施策について、講師の先生からフィードバックがきたのもとても参考になりました。

ただし、知識をモノにするためには、これから仕事で実践をしていく必要があります。
例えばGAやGTMについてとか説明はあるものの、やっぱり使わないと本当には理解できないので。
これから業務でしっかり本当の実力をつけて行きたいけれど、そのための前提知識をつける良い機会になりました。

総合的に言うと、ウェブ解析士の初級試験は、駆け出しWebディレクターやマーケの知識をつけたいWebデザイナーにとってとても身になる資格なのではないかと思いました!

Follow me!